Management Policy

経営方針

第1項 法令の遵守

当社の社会的責任、企業の在立を維持する為、関係法令を遵守すると共に社員一人一人が遵法精神を強くもつことを目指す。

第2項 品質の確保

常に優秀な施工体制・品質の確保に努める。

  • 技術力の向上を図るととともに、常に創意工夫を心がける。
  • 工事施工計画等は、信用向上に出来るだけ結びつくよう取りまとめ、信用力の保持に努める。

〈品質⽅針〉

顧客が要望する品質満足度を高揚し、地域社会貢献度の高い信頼される企業を目指す。

  • 顧客要求事項を適確に把握し、それらを具体化した構造物並びに建築物を創出する。
  • 会社理念である品質向上及び信頼される企業を目指し、以て地域社会に貢献し、共存共栄を図る。
  • 工期短縮コスト低減等に対応できる健全経営体質の持続と適正な利益追求と活用に努める。

第3項 環境問題への積極的対応

〈環境方針〉

加賀建設は地域に根づいた、人々の暮らしやすい環境づくりに重要な責任を担っている。
このため、あらゆる事業において、環境問題に積極的に取り組むため、環境マネジメントシステムを活用し
その継続的改善と汚染の予防に努める。また、すべての部門及び階層において環境目的・目標を展開させ
より良い環境を維持し、快適な社会づくりに貢献できるように努める。

  • 全ての事業において、省エネルギー、省資源、リサイクルの推進、廃棄物の削減
    および有害物質の適切な処理など、環境負荷の低減に努める。
    地域とのコミュニケーションを図りながら、環境保全に積極的に取り組む。
  • 環境保全に関する法令等を遵守する。
  • 全社員に環境教育・広報活動などにより、環境保全への意識向上に努める。
  • 関連会社・協力会社へも、環境保全への積極的な取り組みを求め、支援に努める。

第4項 地域社会への貢献

地域住民の安全・安心の確保に努める。

  • 国、地方公共団体との災害協定に基づく応急復旧活動を積極的に参画実施する。
  • 防犯活動
    地域防犯活動に対し、社内車両及び社員が積極的に協力する。
  • 美化活動
    地域の美化活動に参加し、地域と一体化を図る。
  • 金石、大野地区の地元行事(伝承、伝統等)に参加し、賑わい創出の一役を担う。

第5項 行動指針

当社は、総合建設業として時代から求められる課題に対して港湾技術を中心に調査・研究・実行し
確実な品質を強みとして地域と共に歩んできた。
近年では、品質のいいものを提供するだけではなく、施工体制、施工プロセス、付加価値
環境配慮などが求められている。このような時代の変化に合わせて、ますますの顧客満足向上を行い
社会的責任を果たし、地域に信頼される企業を目指す。

  • 顧客満足の指標である工事成績を常に向上させ、優良工事を目指す。
  • 5S運動を徹底して、きれいな完成品、現場、事務所に配慮する。
  • 近隣住民の方々の住環境、安全の確保を万全とする。
  • 天然資源の枯渇、地球温暖化、生物多様性などの環境テーマに配慮し、施工における創意工夫
    地域貢献、新技術にチャレンジする。
  • 法律、地域との協定、ISOのルールなどの規則を順守する。
  • マネジメントシステムを成果が出るよう継続的に改善する。
加賀建設 理想像